はじめに

Pocket

この世界は、意識のない世界から偶然できていると思うでしょうか。

それとも、全知全能の神の意思によってもの凄く計算されて創られているのでしょうか。
現代人は、前者の意識を持っている人のほうが多いですが、本当にそれは正しいのでしょうか。
人間のどう考えるどう思うというところからでは、この答えは出てきません。ですが、実際にこの世界の現象を取り上げれば、その答えはでてくるのですね。

例えば、宇宙の中に、わたしたちの地球は存在しています。これを否定する人はいないと思います。
そして、その宇宙には、丸い○星々が存在しています。

太陽のような恒星も、すべて丸いです。

どうして、すべての星は、丸いのでしょうか。

偶然、何の意思もなく、この宇宙によって星が作られたのなら、さまざまな形の星になるはずです。

すべての星がどうして丸いのでしょうか。

そもそも宇宙は無重力なのです。

無重力では、物と物がぶつかれば、簡単にはじかれ別々の動きで離れていくものです。なのに、どうして星が存在しているのでしょうか。

それを偶然だと考えるほうがありえないのですね。

わたしたち人間は、砂場の砂で、泥団子を造ることができます。それを砂場の上に置いて、わたしが泥団子を造ったのだといえば、ほとんどの人は、そうなんだと納得するでしょう。

ですが、わたしが、泥団子は、勝手に偶然造られた。といったら、みなさんは疑うでしょう。

人間は、実際にそれが当たり前のように存在していると、それが不思議なことなのだと理解できなくなるのです。この世界は、まだまだ解明できていないことで満ちていて、ありえない事実ばかりが存在しているのです。

泥団子でさえ、勝手にできないと考えるのに、どうして無重力の宇宙で巨大な泥団子が勝手にできると考えるのでしょうか。
水星・金星・地球・火星・木星・土星などの太陽系はどうしてすべて100%丸なのでしょうか。

空気が当たり前のように存在しているのは、本当は不思議なことなのです。宇宙の星をみれば、ほとんど100%空気がありません。生き物が生きていけるさまざまな環境がそろっていない星は、ほとんど100%です。

これらは、小学生でも知っていることですね。
みなさんが、適当に夜空に浮かぶ星を選べば、ほとんど100%空気がないのです。

地球は奇跡の星だとよくいわれますが、奇跡すら越えた星にわたしたち人間は存在しているのですね。
人間がどう考える、どう思うというところには答えはありません。実際に存在している現象から答えを考えていくことで、答えがみえてくるのですね。

このサイトは、それらを検証していこうとするサイトです。