イエスキリスト

イエスキリストは実在したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

イエスキリストとは、一体どのような存在なのでしょうか。

いつの時代に、何をして、何を教え、どうして世界中、何十億人ものひとたちがイエスキリストを信じて崇めているのでしょうか。

まず、イエスキリストを説明することは、とても難しいことです。

なぜなら、イエスキリストを説明するには、イエスキリストが生まれる前から存在していた、ユダヤ教という教えが関係しているからです。このユダヤ教のつながりがあって、はじめてイエスキリストが偉大だと分かるからなのです。

わたしひとりの人生だけを語るのであれば、それはなんとか説明できるかもしれませんが、わたしが存在しているということは、親がいて、その親にも親がいて、続いている歴史があるのです。そこには膨大な量の情報があることが想像できます。

ひとりの人間を説明するだけでも大変なのです。そして、イエスキリストがどうして偉大だといわれているのか、それはイエスキリストが生まれる前から存在していた聖書に、イエスキリストがすでに書かれていたからなのです。

旧約聖書の中に、イエスキリストがいるということです。

聖書とは、この世界のはじめから、終わりまで、ほとんど無限といわれるものを有限の本に書き記された不思議な書物です。

そして、その聖書とイエスキリストとはイコールであるともいえるので、イエスキリスを説明することは、無限を説明するようなものなのですね。

一言でいうなら神様です。

全知全能の神様の三位一体のひとつの形であるのが、イエスキリストなのですね。

宇宙をも含め、世界の原理原則、自然の法則の上にいて、それらを創り出し、固定させた存在そのものなのです。

とはいえ、聖書を信じていない人からすれば、一体何のことをいっているのか理解できないのが普通です。なぜなら、学校では教えてくれないことだからです。

ですが、それでもイエスキリストを知りたいという方のために、なるべく解りやすく説明していこうと思いますが、なにしろ無限を説明するわけですから、とてつもなく複雑難解なものです。わたし自身、有限の存在ですから、そもそも無限は説明できないのですが、そこを無理やり説明していくことになるので、あなたの理解力と神様の導きがありますようにと祈るばかりです。

今回のテーマは

”イエスキリストは実在したのか”

 

1、イエスキリストが実在しなかったという学者はひとりもいません。

もし、学者で「イエスキリストは実在しなかった人物です。」といっていたらその学者は、エセ学者です。

なぜ、そのようなことが言えるのでしょうか。

「そんなこと、その時代にいなかったのだから分かるわけがないだろう。」と思うかもしれませんが、分かるのです。

 

 

すこし、頭が混乱することをいうかもしれませんが、頑張って理解してください。

「そんなこと、その時代にいなかったのだから分かるわけがないだろう。」とあなたが、批判してくれたとします。

”批判した”ということは、あなたは、わたしのサイトが”存在している”ということを証明してくれているのです。

 

わたしが、このサイトで、「イエスキリストが実在しない人物だという学者はいない。」と発言したことに、批判してくれたということは、このサイトでわたしが発言したから、反論できるのであって、わたしがこのサイトを作らなければ、あなたは批判すらもできないということです。

 

批判するということは、その対象が存在しているという証拠になるのですね。

 

そして、イエスキリストも同じなのです。

イエスキリストを何千年も批判しつづけた宗教が存在しているのです。それがユダヤ教です。

ユダヤ教以外にもイエスキリストを色々な意味で批判している宗教や学者がいますが、それらはイエスキリストが存在した時にあったのではないので証拠にはなりませんが、ユダヤ教は、イエスキリストが生まれる前から存在して、今でも残っている宗教です。

ユダヤ教は、間違いなく、イエスキリストの前から存在していて、今でも存在しているので、そのユダヤ教がイエスキリストを批判しているということは、イエスキリストという存在がいたから批判できているのです。

ですから、イエスキリストは実在の人物だと証明されているのです。

2、イエスキリストは神なのか、救世主なのかは、理解できなくても、イエスキリストが実在して、十字架刑にかけられたことは事実です。

 

イエスキリストを知らない人でも、イエスキリストが十字架刑にかけられて、死んだということは、知っているのではないでしょうか。

その十字架刑にかけたのが、ユダヤ教のひとたちなのです。

イエスキリストをどの宗教よりも否定し、イエスキリストを処刑したものが、ユダヤ教なのです。

 

イエスキリストは、ユダヤ教徒だったのですが、そのユダヤ教徒をユダヤ教が処刑したという知らないひとには、「なんでだ?」と考え込む話になるのですが、またそれは別の時に説明します。

今回は、イエスキリストを何千年にもわたって否定し続け、十字架刑にまでかけた宗教(ユダヤ教)が現在でも存在している

ということを理解してほしいということです。

この事実を否定する学者は、エセ学者ですね。一般人でもこの事実を否定するひとは少ないでしょう。

 

ユダヤ教は、「イエスキリストは神ではない!救世主でもない!」と否定しながら十字架刑にイエス様をかけたのです。

 

ということは

 

イエスキリストは実在していたという証拠になるわけですね。

 

もし、イエスキリストが、キリスト教徒による空想の人物で、実在していなければ、ユダヤ教徒たちは、イエスキリストの話を聞いて、なんと答えるでしょうか?

「え?イエスキリストってだれ?十字架刑にかけられたの?」

というのであって、

「イエスキリストは、神ではない!救世主でもない!」

とは、否定しないのです。

否定するということは、イエスキリストが神なのか救世主なのかは別にして、イエスキリストが十字架刑にかけられた実在した人物だという証拠なのですね。

 

実在もしていない人の言葉を否定などしないのです。ですからユダヤ教は、イエスキリストを神ではない、救世主でもないと否定はしても、イエスキリストの存在までは否定していないのですね。

イエスキリストを十字架刑にまでしたユダヤ教でさえも、イエスキリストの存在を肯定しているのですから、そのイエスキリストは実在しない人物だという学者は、明らかにエセ学者なのです。

そのような学者はみたことありませんね。

とにもかくにも、イエスキリストは間違いなく、今よりも過去に、実在した人物だという”事実”だけは、イエスキリストを否定したとしても、理解しましょう。

 

何かを否定するということは、それが存在しているという証拠になるのですね。

キリスト教を否定しているひとは、キリスト教がこの世に存在していることを肯定しているのですね。仏教を否定するということは、仏教がこの世に存在していることを証明していることになるのです。神道でも、イスラム教でも、他のどんなものでも同じです。

神様の存在を否定する人がいるということは、”神様がいる”という考え方が、この世界に確実に存在していることを証明しているのです。

世界中の何十億人ものひとたちが信じているイエスキリストが実在していないわけがないとも言えますが、それよりも、イエスキリストを誰よりも否定している集団さえも、イエスキリストが実在していることを肯定していることこそ、イエスキリストの実在を証明していることになることは、解りやすいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA