イエスキリスト

イエスキリストの創世記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

イエスキリストとは、一体どのような存在なのでしょうか。

いつの時代に、何をして、何を教え、どうして世界中、何十億人ものひとたちがイエスキリストを信じて崇めているのでしょうか。

まず、イエスキリストを説明することは、とても難しいことです。

なぜなら、イエスキリストを説明するには、イエスキリストが生まれる前から存在していた、ユダヤ教という教えが関係しているからです。このユダヤ教のつながりがあって、はじめてイエスキリストが偉大だと分かるのです。

わたしひとりの人生だけを語るのであれば、それはなんとか説明できるかもしれませんが、わたしが存在しているということは、親がいて、その親にも親がいて、続いている歴史があるのです。そこには膨大な量の情報があることが想像できます。

ひとりの人間を説明するだけでも大変なのです。そして、イエスキリストがどうして偉大だといわれているのか、それはイエスキリストが生まれる前から存在していた聖書に、イエスキリストがすでに書かれていたからなのです。

旧約聖書の中に、イエスキリストがいるということです。

聖書とは、この世界のはじめから、終わりまで、ほとんど無限といわれるものを有限の本に書き記された不思議な書物です。

そして、その聖書とイエスキリストとはイコールであるともいえるので、イエスキリスを説明することは、無限を説明するようなものなのですね。

一言でいうなら神様です。

全知全能の神様の三位一体のひとつの形であるのが、イエスキリストなのですね。

宇宙をも含め、世界の原理原則、自然の法則の上にいて、それらを創り出し、固定させた存在そのものなのです。

とはいえ、聖書を信じていない人からすれば、一体何のことをいっているのか理解できないのが普通です。なぜなら、学校では教えてくれないことだからです。

ですが、それでもイエスキリストを知りたいという方のために、なるべく解りやすく説明していこうと思いますが、なにしろ無限を説明するわけですから、とてつもなく複雑難解なものです。わたし自身、有限の存在ですから、そもそも無限は説明できないのですが、そこを無理やり説明していくことになるので、あなたの理解力と神様の導きがありますようにと祈るばかりです。

今回のテーマは

イエスキリストの創世記

 

1、アダムとエバよりも前にイエスキリストは存在した

イエスキリストは2000年前の人物だという認識ですが、聖書を読み返してみると、イエスキリストはエデンの園にも、存在されていたのです。

創世記3章8節

そよ風の吹くころ、彼らは園を歩き回られる神である主の声を聞いた。

と書かれているのです。

全知全能の神様は、この世界そのものであり、宇宙そのものです。ですから足はありません。足がないのですから、歩き回ることはされないのです。

創世記1章2節には、神の霊が書かれてます。

この宇宙には霊が存在し、宇宙と霊はひとつなのです。そして、霊であられる神様も足はありません。

 

創世記1章27節

神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。神のかたちに彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。

と書かれています。

神様は三位一体の神様です。

  1. 世界であられる神様
  2. 霊である神様
  3. イエスキリスト

この世界すべての神様と人間は、同じかたちではありませんね。

霊であられる神様も同じかたちではありません。同じかたちである方は、イエスキリストなのですね。

 

そして、イエス様には、人間と同じように、手があり、足があるので、園を歩き回られることができるのですね。

 

新約聖書のヨハネの福音書には、このように書かれています。

ヨハネの福音書1章1-5節

初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。この方は、はじめに神とともにおられた。すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によらずにできたものは一つもない。この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

 

わたしたち人間は、はじめがあり、終わりがある存在です。赤ちゃんとして生まれて、老人として終わっていきます。途中でいのちが終わる方もいます。わたしたちは、このことで時間に支配されて生きているのです。

ですが、神様は、違います。現れて、終わるという存在ではありません。

神様は”ある”という存在なのですね。

はじめから存在し、これからも永久に存在される方が神様なのです。

ですから、この世界がはじまるその瞬間は、はじめから存在していた”ある”という神様の言葉によってはじまったのです。

 

わたしたち人間は、神様をもとにして造られました。ですから、わたしたちも、三位一体のかたちなのです。

  1. わたしたち人間は、人間だけでは生きていけません。この世界が存在して、はじめて存在できるのです。空気や水がなければ生きていけないのです。
  2. また、霊がなければ、考えることさえもできません。パソコンは、電気信号でうごく以上、はじめにスイッチを押してくれる存在がなければ、自分で動くことができません。人間も同じように、脳には電子信号が走っていて、その電気信号を流すスイッチがなければ、行動することができないのです。そのスイッチにあたるものが、霊ではないかと考えられます。
  3. そして、イエス様と同じ体を持っています。

世界・霊・体の三位一体の存在が、人間なのです。

 

そして、世界は、親であり、わたしたちは、世界からみれば、子のような存在なのです。

ヨハネの福音書では、この方は、神とともにおられた。と書かれています。この世界の全知全能の神様とイエスキリストはともにおられたのです。この世界が神様であり、親であったら、子はイエス様であり、ともに存在しているのです。

すべてのものは、イエス様によって造られ、イエス様によってすべてのものが造られたのです。そして、このイエス様は、命だったのです。

ですから、エデンの園が造られる前から、イエス様は存在し、そのイエス様のかたちに似せて造られたのが、人間なのですね。

 

2、人間が特別な理由

人間は、動物とは違い、イエス様のかたちに似せて造られた存在です。そして、イエス様は、この世界を支配するようにと、いわれました。

進化論という宗教とは違い、聖書は、現実と一致しています。

この世界を支配しているのは、人間です。人間以上に世界を支配している生き物はいません。どこを歩いても人間ばかりが支配しているのです。

言葉をしゃべるのも人間しか存在しません。動物は同じ環境にいるのに、しゃべることができません。

聖書の書かれていることは、現在でも一致しているのです。

わたしたち人間は、特別な存在として、優遇されています。なぜなら、イエス様のかたちを模しているので、人間を傷つけることは、神様を傷つけることになるのです。

十戒に”殺してはいけない”という教えがありますが、人間は、人間を殺してはいけないのです。

ですが、人間を造った神様ではなく、人間を中心にすれば、人間は、人間を殺してはいけない理由はありません。

この世界を創られ、この世界のルールであられる神様が、殺してはいけないと言われたから、人間を殺してはいけない理由ができたのです。

そうでなければ、人間には、殺してはいけない理由など、どこにも存在しないのです。

男と男では子孫は残せません。ですが、人間はそれを愛だと歪曲させて、心からの愛だと錯覚します。これは連続殺人鬼と同じことをしているのです。

人はもともと自由に生きることが本来のかたちです。ですが、悪が入り込み、善悪両方を選択する能力を手に入れたことで、善のルールであっても、破ることで、解放された気分になり、気持ちよくなってしまうのです。

連続殺人犯は、人を傷つけることで脳内麻薬が分泌して、何でもできる解放感で楽しくなっているのです。彼らは趣味を実践しているだけなのです。これは同性愛者と同じですね。同性同士ではこどもは産めない、子孫は残せないという事実があっても、無視して、正しい価値観から解放され、まわりから責められれば責められるほど、気持ちよくなるのです。

同性愛を認めるというひとは、連続殺人犯の正義も認めなければ、言っていることは矛盾するのですね。

 

わたしたちは、この世界のルール。法則を無視しては生きていけません。神様に逆らうことができても、事実では逆らえないのです。

人間は恐ろしいもので、事実を無視して行動できるのです。猿と人間では子孫は残せないのに、猿から人間が進化したと本気で信じ込めるのです。

自分の体を傷つけることも、神様を傷つけることになります。ですから自殺もしてはいけないのです。

人間が「死ぬことを選べる自由」と語っても、人間には、そのようなことを決めれる権利はありません

誰が何をいおうと、この世界を創られ、わたしたち人間を造られた方が、自殺をして、体を傷つけてはいけないといわれたので、自殺はしてはいけないのですね。

イエスキリストによって、人間は、特別な存在とされているのです。人間に人権を与え、大切にするには、神様なしにはありえないのです。

3、イエスキリストによって人間にプログラミングされたので人間は言葉を使える

人間が言葉を使えていることは、進化論では説明がつきません。
人間は、言葉をちいさい頃に教えられなければ、脳の言語中枢が発達せずに、その後、話す環境がそろっても脳事態が発達していないので限りなく話す能力が制限されてしまうのです。

アダムは、なぜ話せるようになったのか、それははじめにイエスキリストが存在し、アダムに言葉を使ってプログラミングをほどこしたからなのですね。

人間は、最初は、性善説だったのです。

すべて神様が作られたものは、素晴らしく神様も納得された世界でした。この地に天国は存在できたのです。そこには、悪は存在しなかったのです。ですから、善の環境しかなかったアダムには、善のプログラミング以外、存在しなかったのですね。

わたしたちも日本語を自然と使いますが、フランス語の環境がなければ話せないように、言葉や環境によってプログラミングされ、ものごとを理解しています。

アダムはイエス様に教えられた言葉によって善のプログラミングをされたのです。

しかし、善しか知らない人間は、高機能な植物と変わりませんでした。それは善しかないロボットのような存在だったのです。

聖書には、アダムが罪をおかす前は、裸だったことも理解していなかったと書かれています。

創世記3章7節

このようにして、ふたりの目は開かれ、それで彼らは自分たちが裸であることを知った。そこで彼らは、いちじくの葉をつづり合わせて、自分たちの腰のおおいを作った。

罪がはいりこむことで、裸だということに恥じらいのプログラミングが打ち込まれたのですね。「知った」ということは、それまでは、知らなかった。気づいていなかった。理解できてさえいなかったということです。

ほとんど100%善の環境を与えたのですが、その状態では、人間は神様のように自由意志を持ったことにならなず、ロボットのままでした。そこに蛇という悪、世界全体からすれば、0にもなるような蛇の存在だけは神様はゆるされたのです。

アダムとエバには、善のプログラミングと中央の善悪の木の実だけは食べてはいけないというプログラミングをしてあったので、ふたりは善の優遇を受けながら、蛇の誘惑と対峙したのですね。

残念ながら、選んだのは、蛇の言葉でした。ですが、蛇は嘘を1つもつくことなく、エバに選択を与えたのです。神様は、蛇に嘘をつくことをゆるされていなかったのでしょう。

あくまで、人間にほとんど100%与えた善を選ぶのか、それともほとんど0の蛇のプログラミングという悪を選ぶのかの選択をされたのです。

4、いのちの木

エデンの園の話は、有名なので、善悪の木のことは知っておられる方は多いかと思います。
ですが、いのちの木のことは、知っているでしょうか。

エデンの園の中央には、2本の木がありました。
1つは善悪を知る木。そして、もう1つがいのちの木でした。

アダムとエバが蛇にそそのかされて、悪をそのうちに入り込ませた時

悪が入り込んだ人間が永遠に生きる者にならないようにと、いのちの木を封印されたのです。

イエスキリストはいのちです。そして、「主はぶどうの木」なのです。このいのちの木とはイエスキリストのことで、イエス様も封印されたのです。

ヨハネの福音書15章1-8節

わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。わたしの枝で実を結ばないものはみな、父がそれを取り除き、実を結ぶものはみな、もっと多くの実を結ぶために、刈り込みをなさいます。あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、もうきよいのです。わたしにとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことはできません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられ、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。

ですからアダムとエバ、人間の前からイエス様(神様)は、姿を現すことがなくなったのです。

悪のプログラミングを取り入れてしまった人間に、そのまま環境も与えてしまえば、人間は悔い改めることをせず、世界と自分たちを滅ぼしてしまいます。

そこで、神様は、いのちの木や最初の天国であったエデンの園も隠され、人間に試練を与えられました。人間が滅ばないように、人間が悪にならないように試練を与えられるのです。

女性には産みの苦しみと男性に支配される束縛です。
男は、仕事をする束縛を与えられました。

蛇の姿はドラゴンのようだったのか、どのようなものだったのかは、解りませんが、今のような手も足もない姿にされたのです。

イエス様も姿を消す、エデンからも追放される、死を与えられ、束縛を与えられたふたりは、絶望したことでしょう。

しかし、神様は、ふたりに預言を与えられたのです。決して、突き放すだけではなかったのです。

創世記3章15節
わたしは、おまえ(蛇・悪魔・ドラゴン)と女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。

最初の悪である悪魔のかしらを踏み砕くものは、女の子孫からでると救世主の預言を与えたのです。

その預言を聞いたふたりは、自分たちのこどもが生まれるたびに、この子が救世主なのか。この子が救世主なのか。と期待したことでしょう。

ですから、世界中に、女神が救世主を生むという救世主伝説が広がっているのではないでしょうか。聖書は、現実と一致しているのです。

天国に暮らしていたふたりの気持ちを考えると、追放はかなりの絶望だったことでしょう。その反面、救いと解放をもたらす自分たちの子孫を待ち望んだでしょう。

また、エデンの園に戻り、悪のない世界と神様と一緒に暮らすことを望んで、その後の人生を送ったはずです。

ですが、イエス様が来られたのは、その約2500年後のことだったのですね。

エデンの園の時代からイエス様はいのちであり、いのちの木であったのです。そのイエス様にいのちが与えられ、永遠のいのちもイエス様からしか与えられることはないのですね。

まとめ

アルファであり、オメガ。はじめであり、おわりである方、それが神様であり、イエス様です。
人間が善を持っている理由や悪を持っている理由。そして言葉や善のプログラミングがある理由。人間を大切にする理由。すべては、イエス様を基準にするから平和が訪れるのです。イエス様というぶどうの木から離れては、人間には平安や平和は絶対に手に入らないのです。
そうでなければ、人間には、平和の基準はないからです。
世のはじめから、人間の最初であるイエス様だからこそ、すべてにわたって、救いと世界の平和の基準が定められるのです。
このように驚異的な根拠や論理性があったからこそ、世界の文明の中心であった多神教のローマがキリスト教を受け入れたのです。
聖書は、人間の能力を超えています。イエス様も預言通り歩むという人間の能力を超えた存在です。
イエスキリスト以外に救いはないと言われる理由や根拠でもあるのですね。
歴史、自然の法則、原理原則、奇跡、預言、聖書、文明、文化、すべてに渡って根拠が一致している驚異的なもの、これは明らかに人間の能力を超えているのです。

そして、神様は、わたしたち人間と同じように、三位一体であり、創世記の時代から存在し、わたしたちに言葉によってプログラミングしてくださった方なのですね。

この方によってでしか、人間には、愛も正義も存在しないのです。すべてのルールであり、すべてのいのちであり、すべての正義や愛である方に、とどまらなければ、わたしたちは火に投げ込まれるように、滅んでいくしかないのですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA