世界の闇

聖書に書かれたカインとアベルの物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

聖書のカインとアベルの物語

創世記4章1節-16節

人は、その妻エバを知った。彼女はみごもってカインを生み、「私は主によってひとりの男子を得た。」と言った。彼女は、それからまた、弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。

ある時期になって、カインは、地の作物から主へのささげ物を持って来た。また、アベルは彼の羊の初子の中から、それも最良のものを、それも自分自身で、持って来た。主は、アベルとそのささげ物とに目を留められた。だが、カインとそのささげ物には目を留められなかった。それで、カインはひどく怒り、顔を伏せた。

そこで、主は、カインに仰せられた。「なぜ、あなたは憤っているのか。なぜ、顔を伏せているのか。あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」

しかし、カインは弟アベルアベルに話しかけた。「野に行こうではないか。」そして、ふたりが野にいたとき、カインは弟アベルに襲いかかり、彼を殺した。

主は、カインに、「あなたの弟アベルは、どこにいるのか。」と問われた。カインは答えた。「知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか。」

そこで、仰せられた。「あなたは、いったいなんということをしたのか。聞け、あなたの弟の血が、その土地からわたしに叫んでいる。今や、あなたはその土地にのろわれている。その土地は口を開いてあなたの手から、あなたの弟の血を受けた。それで、あなたがその土地を耕しても、土地はもはや、あなたのためにその力を生じない。あなたは地上をさまよい歩くさすらい人となるのだ。」

カインは主に申し上げた。「私の咎は、大きすぎて、にないきれません。ああ、あなたはきょう私をこの土地から追い出されたので、私はあなたの御顔から隠れ、地上をさまよい歩くさすらい人とならなければなりません。それで、私に出会う者はだれでも、私を殺すでしょう。」

主は彼に仰せられた。「それだから、だれでもカインを殺す者は、七倍の復讐を受ける。」そこで主は、彼に出会う者が、だれも彼を殺すことのないように、カインに一つのしるしを下さった。それで、カインは、主の前から去って、エデンの東、ノデの地に住みついた。

1、カインは救世主だと期待されていた。

アダムとエバは、悪の選択をしたことで、エデンの園(最初の天国)から追放されました。

その時、神様は、ただふたりを追放しただけではなく、ふたりをそそのかした悪魔を踏み砕く救世主が現れることを預言されました。

創世記3章15節

わたしは、おまえ(悪魔、蛇、ドラゴン)と女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。

この時から人間は、その罪のために、神様から試練というプレゼントをいただくようになりました。ひとはさまざまな制約で縛られるようになったのです。エデンの園から追放されただけではなかったのですね。悪を持った人間に試練を与えなければ、ひとは間違った道をその与えられた自由意志によって、歩み続け、苦しみと悲しみの世界を作り出していってしまうからです。試練がなければ、永遠にひとには天国は訪れません。いのちであり、永遠であられるイエスキリストもいのちの木として封印されました。そして、ひとは神様(人間と同じ姿をした)、イエス様と離れてしまったのです。

しかし、希望も与えられました。それが救世主の預言です。

アダムとエバは、自分たちの子孫(こども)が、悪魔を倒してくれる救世主だと考えました。ですから、カインが生まれた時、エバは

「私は、主によってひとりの男子を得た。」と言ったのです。

預言では、”彼は”と言われています。ですから、はじめの男の子が救世主だと思ったことでしょう。

アダムとエバのカインへの期待は、エデンの園を知っていた、天国を体験していたふたりからすれば、大きかったのではないでしょうか。

カインは、言葉をしゃべっています。ですから、アダムとエバは、自分たちのできごとや世の中のことを言葉によって、カインにプログラミングしていました。ですから、口にしてあなたが救世主だと言ったかは解りませんが、カインへの期待は、カインに影響を与えた可能性もあるのですね。

口にしなくても、子は親の背中をみて育つからです。

ですが、次にまた男の子が産まれました。アベルです。

アベルが産まれた時、アダムとエバは、違和感を覚えたのではないでしょうか。カインが救世主だと思っていたのに、もうひとり男の子が産まれた。どちらが救世主だろうと考えたと推測できます。

カインが救世主だろうと思いながらも、アベルかもしれないとも考えたことでしょう。カインが優勢だろうという雰囲気の中、ふたりは競う気持ち、ライバルのような存在になっていったかもしれません。

世界中の宗教には、共通点があります。その中の1つが、救世主伝説です。

イエスキリストが現れるまで、世界中に女が救世主を産むという預言が、広がっていたのです。聖書だけではありません。バビロンにしても、エジプトにしても、ギリシャにしても、女神崇拝があり、三位一体の神のかたちを体現していました。

アダムとエバは、それほどまでに、エデン(天国)を求め、子孫たちに、救世主が産まれることを教えたと考えられます。聖書は実際の世界の現象と一致しているのです。

2、アベルは、最良のものを最善を尽くしてささげた。

アベルは、彼の羊の初子の中から、それも最良のものを、それも自分自身で、持って来た。

このことから推測されることは、カインは、自分自身では作物を持っていかなったのではないのか。ということです。妹なのか、姉なのか、救世主だと期待され、長男であったカインは、優遇されていた可能性があります。そして、神様への大事な神事をする時ですから、エデンを望むアダムとエバにとっては何よりも重要なできごとだったでしょう。親であるアダムとエバが代わりに持っていったとは思えません。親は子のために大人だからこそいのちを守っていくシステムがこの世にはあるので、カインは、その他の女性に作物を持ってこさせたのでしょう。

聖書には、女性はあまり書かれていません。女性は感情的であり、間違ったことに誘導されやすい性質があるからです。それは子を守るという感情であったり、感情的に愛するという想い、勘違いによって間違いをおかしやすいからです。イエス様が罪からこの世を解放されるまで、女性は男性に支配されることを神様は、預言されたからです。

創世記3章16節

女にはこう仰せられた。

「わたしは、あなたのみごもりの苦しみを大いに増す。あなたは、苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼は、あなたを支配することになる。」

聖書は有限であり、すべてのことを解りやすく聖書に書くことはできません。ですから人間にとって必要な内容以外は、書かれてはいません。アダムとエバは、救世主である男子を望みました。女子もカインの前に生まれていた可能性はあるのですね。

だからこそ、カインが産まれた時、喜んだのかもしれません。

姉なのか、妹なのか、解りませんが、カインは、自分ではなく、他人に神様にささげる作物を持っていかせたのです。その行為は、神様に対する畏敬の想いではなく、長男としてのプライドや名誉心から来ていたのを神様はご存知だったのかもしれません。しかも、カインは作物の中でも最良のものを持っていったのではなく、自分の作ったものは、すべて素晴らしいという想いで、持っていった可能性もあります。

そのことから、神様はカインの小さい悪の種、想いを知っておられました。

反面、アベルは、自分自身で持っていく最善の方法で、もっとも良い初子の子羊、最良のものを持っていきました。そこには、アベルの繊細な神様への畏敬の想いが込められていたことでしょう。神様と一緒に過ごしたことがないアベルでしたが、神様が重要であり、神様がすべてを与えられ、人間の幸せの基礎になることを理解していたと思われます。

神様はひとの心を見られるので、アベルのささげ物に目を留められたのです。

カインのプライドは、傷つきひどく怒り、憤りを覚えました。

すると神様は仰られました。

あなたが、正しく行ったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。

神様は、カインの行為が、小さい悪から来ていることに気づかれていました。神様はカインを注意されませんでした。注意せずに、その悪を指摘されなかったのです。なのにカインは、自分の想いを優先して、怒りはじめたのです。何をするにしても、神様よりも自分だったのです。

アダムとエバがどのようにカインを育てたのかは、解りませんが、救世主として優遇して育ててしまったのではないかと想像できます。

ひとは周りから優遇されると勘違いをおかしてしまいがちです。

わたしたちも、注意しなければいけないことですね。

 

この最良であり、最善であるささげ物は、子羊として十字架刑で血を流されたイエス様のことでした。

アダムとエバは、悪を取り入れた時、自分たちが裸であることにはじめて気づいて、その体を恥ずかしいと感じて隠しました。人間は、それほどまでに、善のプログラミングしかなく、まるでロボットのような存在だったのですね。自由意志、善悪を選択する能力がなかったのです。

蛇はひとつも嘘をつかずに、ふたりをそそのかしました。

「神様のようになるんですよ。」と誘惑したのです。

そのことは本当でした。人間は、善のプログラミングしかしらないから悪を考えることもできなかったのです。そこには自由意志はなく、一本の道にそって歩いているだけの存在だったのですね。

人間は悪を選び体を隠しました。そこで、神様は、人間に服を与えられました。

創世記3章21節

神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作り、彼らに着せてくださった。

神様は、動物のいのちを取り、その皮で人間のためにその罪を覆い被せてくださったのです。

血はいのちです。現代人なら解ると思いますが、血が血管を流れているからその場所の細胞が生きていられるのです。ですが、血液がまわらなくなれば、その場所の細胞が壊死していきます。ですから、血はいのちそのものなのです。

神様は人間のために、この世を作られました。自分と同じように自由意志で生きる存在を愛されたのです。人間のためにすべての世界を作られたのです。動物も例外ではありません。動物は人間の助け手として、用意されたのです。

天使や悪魔は、人間よりも頭がよく、能力が高いですが、そんな天使や悪魔も、人間のための道具でしかありません。すべては人間のために用意されたのです。

ですが、それらの存在のため、人間の自由意志のために、人間は苦しまなければいけなくなりました。

ですから、神様はそんな人間に救いを残されたのです。それがイエスキリストです。

イエスキリストは、いのちの木であり、封印され、隠されました。

またイエスキリストが現れるまで、ひとは、自分たちの罪のために、動物をささげ続けることになるのです。

世界中の宗教には共通点があります。その1つが、ささげ物、生贄というものです。

聖書の神様は、人間のために世界を作られたので、人間の血を求めるわけがありません。ですが、悪魔宗教は、その行為を汚すために、人間に手をかけはじめます。本質から歪曲された教えに代わってしまっているのですね。

人間は、自分たちの罪のために、動物の血をささげなければいけませんでした。とくにイスラエル人たちは、イエス様が登場されるまで、動物のささげ物をしてきました。

ですが、その動物たちは、実は神様であり、イエスキリストだったのです。

アベルの選んだ初子の子羊は、イエス様と繋がり、アダムとエバに皮を与えられた行為とも繋がっていたのですね。

イスラエル人たちが、刺していたのは、神様ご自身だったのです。神様は、ご自身の体を何度も何度も、子である人間に、ナイフを持たせて、かわりに痛みを味わい続けてくださっていたのです。

そして、罪による勝利は、イエスキリストで完結されました。

イエスキリストによって、もう動物のいのちは、ささげなくてもよくなり、女性は男性から支配されることがなくなりはじめ、男性は仕事からも解放されはじめているのです。

徐々に、エデンの園の天国のような世界が、近づいてきているのですね。

イエス様は、弟子に祈り方を教えました。

そこで祈ったのは、「この地にも御国が来ますように。」と祈られたのです。この地にも天国が来るようにと祈るように教えられたのです。

すべての人間の罪とその束縛から解放するために、神様の十字架刑はこの世界を作られる前から決定されていたのです。

イエス様は、血を流され続けていのちを絶たれたのです。

弟子にも見放され、すべての人間にのけものにされ、誰よりも苦しみ、誰よりも裏切らたままいのちを絶たれたのです。

人間の目からみれば、イエスキリストは負けた存在でしたが、フタをあけてみれば、イエス様は勝利されていたのです。

すべての悲しみ苦しみ、罪や悪を背負い、人間のために、親である神様が人間の救いをもたらされたのです。

 

アベルのささげ物は、そのひな形だったのですね。だからこそ、カインの悪に、神様はあわれみを持って注意をされなかったのです。未来がみえず、全体がみえないカインへの哀れみですね。なのにカインはその想いを無視して怒ったのです。

神様はさらなる悪で怒りを表したカインのために、次は注意をしてくださったのです。

ですが・・・。

 

3、人間のはじめての殺人

神様から注意をされ、カインに導きを与えられたのですが、カインはそれを無視して、自分の想いを優先し続けました。

そして、アベルを呼び出して、カインは、人間ではじめての殺人をおかしてしまったのです。

神様がカインにアベルはどこにいったのかと聞かれたのですが、カインは知らないと答えたのです。神様は気づかないとでも思っていたのでしょうか。神様の力を侮っていたのです。

ですが、神様はその力を生命されました。

あなたの弟の血が地につき、その土地が叫んでいると仰られたのです。

カインは恐怖を覚えました。神様はなんでもお見通しだったからです。

そこで、カインは、やっとへりくだるようになり、神様の力にすがりはじめたのです。自分の力の無さをやっと理解したのでしょう。

そこで、将来を考えて恐怖を覚えたカインは、ひとを殺めた自分も、殺められると思ったのです。

神様がすべて知っているからですね。

カインは、神様の哀れみをこいました。

すると、神様は、カインをまもるために、しるしを与えられたのです。そのしるしは、何なのかは定かにはされていませんが、聖書にはヒントがあります。

アダムは土から造られました。ですから肌の色は、茶色であり黄色だったかもしれません。エバは、アダムの骨から造られました。人間は黒人であっても骨は白色です。ですから、エバの肌は白色だったかもしれません。

ですが、世界は白、茶色、黒とその中間色です。黒はどこから来たのでしょうか。

しるしとは、形だけではありません。色でグループをわけることもあります。運動会などがそうです。色もしるしになるのですね。

神様は、カインの肌を黒色にして、しるしを残されたのかもしれません。

黒色は、闇のような象徴として世の中にでまわっていますが、黒そのものは、悪いものではありません。黒色をつくられたのも神様だからです。ですが、カインのこの出来事から、黒にイメージがついてしまった可能性があります。

夜は悪いものではないのですが、人間闇が増えたことによって、夜の闇は、危険なものへと現代まで残ってしまっています。夜出歩くことが危険なほどです。

魔女といわれるものも黒色のイメージがあり、世界中に黒色はイメージがあまりよくありません。それらはこのカインの出来事から世界中に広がった可能性があるのですね。

聖書は、2000年以上も前に、世界には3色であることが書かれていたのですね。世界の現象と聖書は一致しているのです。

 

黒は闇のイメージがありますが、神様がカインに与えられたしるしは、呪いではありません。その逆です。カインを守るため、カインの子孫を愛しているために、そのしるしを与えられたのです。

もし、カインになにかあれば、それは7倍をもってその人間にかえるとカインを守られるためだったのです。

なぜなら、カインは、殺すとはどういうことなのかを理解できていなかったからです。

カインは殺すことの重大性が理解できずに、自分の中の悪に付き従うように、アベルを襲ってしまったのですね。

救世主だとして育てられ、アベルとライバルとして育ち、その行いは、ある意味、純粋でした。

当然、未来でイエス様がされることを理解できるわけもないので、子羊が選ばれることも理解できなかったでしょう。ですから、カインの殺人は、神様からみて、哀れみをかけるに値するとカインを守られたのです。

黒い肌は、神様の愛です。白人だろうと黄色だろうと、すべてのひとは罪人です。だれひとりとして、悪のないひとはいません。

もし、黒い肌だからといって差別をするようなことをすれば、それはそのひとに帰っていきます。

神様が彼らを守られているからですね。

カインの子孫との和解は、この世の因果な流れの大きな課題の1つです。多くの苦しみや闇が生み出されたのも、その純粋さゆえでしょう。

 

この最初の殺人による出来事で教えられることは、アベルように神様に忠実であっても、殺められるということです。

聖書には、多く書かれていますが、善人であっても、悪人に殺められるということです。

この世には、悪が必ず存在しています。善が存在していることが否定できないように、悪が存在していることも否定できないのです。

そして、人間は、神様のように自由意志を持つだけではなく、体まで持っています。

これは、心で思ったことを形で表すことができるということなのです。

悪魔は霊であり、体がありません。ですから、人間に近づいて、悪のアイディアを植え付け、脳に汚染したプログラミングを打つことができます。しかし、体がないので、自分では世界を崩壊させることができないのです。

その点、人間には体があるので、それを実行できるのです。この点からいえることは、人間は悪魔以上に恐ろしいということです。

体を持っているからです。100%悪という人間もいかなければ、100%善という人間もいません。ですから、人間は、信頼すべきではありません。

人間は必ず裏切ります。完璧ではないからですね。

その悪の人間の事実を無視して、この世を生きようとすれば、善人であっても、危険が近づいてきます。

ですから、聖書はこう教えています。

”蛇(悪魔)のように悟りなさい。”

これは、悪魔がどのように考え、どのように誘惑してくるのか、悪とは何なのかを理解しなければ、悪が存在するこの世では、危険だということです。

ですから、悪を理解し、悪がどう考えるのかを悪人以上に理解することです。そうすれば、悪から遠ざかることができるようになります。

まわりのひとたちを信じてはいけません。そのひとたちも脳が汚染されて、平気で生きているひとが大半です。

世の中を間違って理解しているのですね。

そして、イエス様のように生きるのです。

悪を理解し、悪人よりも悪を把握して、善を実行するのです。

そういうひとは、どんな試練や困難がきても、善を選ぶことができます。カインのように嫌なできごとが起こっても、自分本位に、世の中をうらみません。怒りません。恐れません。

善を否定して、悪だけをみるひとも間違いです。悪を否定できないように、善も否定できません。

この世界は、ほとんど善のシステムによって成り立っています。

それは事実です。

なぜなら、悪だけでは、悪は生き残れないからです。逆に善は、善だけでも生き残るのは可能です。このことから悪はすでに負けているのです。どんな悪の組織であっても、善の法則を利用しなければ、組織はなりたたないのです。

家族愛、仲間など多くの善の法則を利用しなければ、すぐにその組織は滅んでしまうのですね。

だからこそ、イエス様のように、悪を理解しながら、善を行い続けるのです。

悪を理解していないから、善を軽んじるのですね。

善は、偉大です。神様の法則にしたがって、平和を呼び込み、危険から人間を遠ざけてくれます。悪をすればするほど、そのひとは追い込まれていくのです。ですから、本物の悪人は、善人のようにふるまいます。表では悪を否定し、裏で邪悪をするのです。

それが繁栄につながっていることを理解しているのですね。

本物の悪人は、善悪の基準を超えて悪をします。

逆に、本物の善人も、善悪を超えて善をするのです。

良いことが起こっても、悪に従って、悪にする人間もいれば、悪いことが起こっても、善に従って、善にする人間がいるのです。

ほとんどのひとは、どっちつかずで、生きています。それはクリスチャンであってもそうです。

神様は偉大です。未来をすべて理解されたうえで、この世に起こるすべての出来事に許可を与えられます。

アベルが殺められることも、ご存知だったのです。

善をすれば、善が返ってくるという単純な世界ではありません。善をしたことが、ほかのひとの悪によって悪であると判断されるのが、人間の悪による弊害なのです。

逆に、人間からすれば、悪のようにみえても、未来からみれば、善になっているのです。

イエス様がそうです。

普通に考えてみてください。十字架刑に悪人として処刑され、そのまま死んだひとが、どうして、現代では、何十億人もイエス様を信じて勝利しているのでしょうか。

2000年絶ってはじめて、人間は理解できるのです。

3歩進んでは、2歩下がるの繰り返しで、前に進んでいないかのように、錯覚してしまいますが、歴史をみれば明らかです。人間は、あきらかに前に進んでいます。1つ1つの闇や出来事をみて、悪としてすさんでいけば、世界は闇だと錯覚するかもしれませんが、それはそのひとの脳が汚染されているだけで、実際の世界は、前進して、エデンへと向かっているのです。

昔は、支配者が自由で、奴隷がそれを支えるように働いていましたが、現代では、そんなわたしたち奴隷国民にも、ある程度の自由が保障されています。憲法によってです。憲法を手に入れるまでどれほどの犠牲が必要だったでしょうか。支配者の都合の悪い憲法を手に入れるまで、人間は、その地を流しつづけました。

しかし、神様はその地にながされた、多くのひとたちの血を忘れられません。多くの神のひとたちの血は、その想いとともに繋がり、いまでも続いているからこそ、表面的であっても、これほどの平和が維持できているのです。

これからは、ロボットなどが奴隷のように働くようになり、解放へとつながっていくかもしれません。人間はエデンのように自然体で生活できる神の1000年王国へと近づいているかもしれないのですね。

カインは、その後は、悪をせずに暮らしたことでしょう。

その後のカインのことは書かれていないからです。彼は、その出来事から学んだということですね。そして、姉か妹と一緒に、旅をしては、過ごしたことでしょう。その時代は、現代の環境とはまったく違うので、家族であっても、子孫は残せました。また、その話は、別のところでします。

理解せずに悪をしてしまったカインは、神様に守られながら、愛されながら、生き続けたのです。

4、その後のアダムとエバ

アダムとエバは、救世主だと信じていた息子のカインが、殺人をおかしたことにも、アベルが亡くなったことにも、悲しんだことでしょう。

救世主だと思っていた息子たちが、立て続けに不幸になったからです。

アダムとエバは、自分たちの子孫の中で、こどもが産まれるたびに、救世主なのかを待ち望んだことでしょう。

神様は、そんな彼らに祝福を与えられました。

その後、ふたりには、セツという男子が与えられたのです。

このセツの子孫こそが、神様であるイエス様とつながる救世主の家系の血筋だったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA