世界の闇

パレスチナ問題の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

パレスチナ問題は、約100年間に渡って、現在のユダヤ人とされている白人系ユダヤ人と中東系アラブ人が大半になっているパレスチナ人がいがみ合っている問題です。

学校などでも教えられたりもしますが、その内容は、表面的なもので、本当の問題を取り上げられることはありません。

パレスチナ問題は、日本と関係がある問題だけに、少しでも知っておいてもらいたいものです。

今回は、パレスチナ問題の核心について、みていきましょう。

1、イギリスはバカなのか

パレスチナ問題をわざと悪化させたとされるイギリスは、意味不明だと思えるでしょう。

第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、それぞれの国は、意味不明な行動を取って来ました。普通に考えたら、道徳的にそんなことをするわけがないと言われるような選択をして、愛も正義もないようなとんでもない選択をしたりするのです。

パレスチナ問題もまさにそうです。

パレスチナとは、聖書に書かれている「カナンの地」と呼ばれるところで、今はイスラエルと呼ばれている地域です。

エルサレムという町で、イエスキリストが生まれ、嘆きの壁でユダヤ教徒が祈りを捧げ、イスラームのマホメットが掲示を受けて、メッカと呼ばれるところであり、世界三大宗教のユダヤ教、キリスト教、イスラームの3つが、今では派閥として、集合してしまっている場所でもあります。

それはそれで問題もありますが、一番の問題は、宗教ではありません。

国や人間が行ってきた利権争いによって、今でも戦争が続いて、一方的なイジメのような虐殺が続いていることです。

 

もともと、トルコ人が中心のオスマン帝国が、中東を支配していた第一次世界大戦までの世界の地域でしたが、そこにイギリスなどが侵略を開始しして、オスマン帝国を倒すために、アラブ系パレスチナ人に、イギリスは、条約を結ぶのです。1915年のフセイン・マフマホン協定です。

もし、一緒にオスマン帝国と戦いパレスチナの時を奪還できたら、パレスチナは、あなたたちの物だと認めようというものでした。

 

問題は、イギリスは、白人系ユダヤ人にも、同じような条約を結んだことです。オスマン帝国を一緒に戦って追い出したら、パレスチナの場所は、あなたたちのものにしていいという条約をしたのです。1917年のバルフォア宣言です。

パレスチナの土地には、アラブ人や白人系ユダヤ人などのあらゆる民族が住んでいたのですが、一緒に、戦っていた頃や戦う前は、仲間でしたから、仲良く住んでいました。争いなど発生せず、お互いが尊重しあって暮らしていたのです。

ですが、オスマン帝国という敵を追い出した後、この両者は、争いが絶えなくなっていったのです。

 

どちらが、パレスチナの土地を国として立ち上げるかの争いになっていったのです。

 

2600年前、聖書の民であったイスラエル人は、次々と周辺諸国から攻撃を受けて、パレスチナの土地にあった国が滅ぼされ、イスラエル人は、世界に離散していきました。12部族のうち10部族が世界中に散らばってしまい、どこにいったのか、解らなくなったのです。そして、根強く残った数少ないイスラエル人たちの中で、イエスキリストが生まれ、その後、キリスト教が成立するのですが、ユダヤ人は、ローマ帝国への反乱を繰り返すことで、とうとう残りの2部族も、弾圧を受けて、世界に逃げていったのです。それは2世紀頃のことでした。

それ以来、イスラエル人は、どこにいったのか、東地域へと多くが逃げていったのです。

そして、突如として、現れたのが、白人系ユダヤ人でした。

白人系ユダヤ人たちは、ユダヤ教を信じて、自分たちがイスラエル人だと主張しはじめたのです。

 

そして、聖書の約束の地であるパレスチナは、もともと神様がイスラエル人のために与えられた土地だということで、パレスチナに、国を作ろうという運動がおこあるのです。それが、シオニズム運動です。

イスラエル人がいなくなって、1000年以上も経つと、その地域は、アラブ人系が住む場所となっていました。パレスチナの土地は、ローマ帝国からオスマン帝国へと変わってもいました。ですが、パレスチナに住みたいという白人系ユダヤ人は、聖書を信じるユダヤ教徒なので、アラブ人たちは、彼らが住み始めることを否定せず、受け入れてくれたのです。

それまでは、仲良く両者は、暮らしてきたのに、イギリスがオスマン帝国に勝ちたいために、嘘の条約をしたとして、あらぬ争いが激化していったのです。

 

イギリスからすれば、中東地域に自分たちの植民地が出来ることは、嬉しいことなので、オスマン帝国さえ跳ね除けられればいいという考えだとして、アラブ人にも、白人系ユダヤ人にも、同じような土地の権利を与えるという条約を結んだのですね。

これが、国レベルで行われたのですから、意味不明ですね。

A男が、BさんとCさんに両方に、結婚しようと約束して、そのふたりの女性が、殺し合いの争いにまでなってしまったようなものです。

 

個人レベルで、こんなことがあっても、A男が、バカなだけだという話になりますが、それを国レベルで、意味もなくやると思うでしょうか?歴史教育やニュースなどでは、そこまで踏み込みません。愛や正義などないという国際情勢で、嘘や詐欺は当たり前といった意味不明な行動を取るわけですが、そんなことをすれば、後々問題になるのは、歴史では当然です。

なのに、それを19世紀の時代にまたまたするわけです。

イギリスはバカなのでしょうか?

 

いえ、違います。イギリスは、しぶしぶこれをやらされたにすぎないのです。

 

国というものは、世界を支配している人間にとっては利用するものであり、小さな問題で、利用するだけのものなのです。現在、紙幣発行権利をつかって、世界を支配しているのは、悪魔宗教です。

悪魔宗教は、フランス革命頃から、プロテスタント思想に隠れて、自由を手に入れ、カトリックの弾圧から逃げたことで、さらに力をつけて、世界中の紙幣発行権利を手に入れ続け、お金という紙切れのシステムによって、あらゆる国を賄賂などでコントロールしてきたのです。

アメリカもパレスチナも、イギリスも日本もドイツもありとあらゆる国々の紙幣発行権利を彼らは、手に入れて、裏でコントロールしてきたのです。

 

表で自分が支配者だと宣言すれば、トップは問題を提示され、弾圧されてしまうので、裏で隠れて世界を支配しようとしてきたのです。日本の悪魔宗教の藤原家とまったく同じことを世界レベルでやってきたのです。

そして、そのトップにいるのが、ロスチャイルド家でした。ロスチャイルド家の中の悪魔宗教が、イギリスの裏には、存在します。実際に、イギリスは、ロスチャイルド家に多額の援助を常にもらっていたので、ロスチャイルド家に逆らうことなどできない状態なのです。王族貴族も彼らの操り人形でしかありません。

悪魔宗教として、一緒に手を組み、手下となるしか選択権はなかったのです。もし、逆らえば、イギリス王家は、フランス革命の時のように、プロパガンダで誘導された国民によって弾圧され、虐殺されてしまうと恐れるからです。

日本だけではなく、世界中のメディアも、彼らによって統制されているからです。

彼らは悪魔宗教ですから、自由・平等・博愛ということばは、表向きであって、平和も利用できるのあら、利用するだけで、その中身はないのです。

その手下であるイギリスですから、意味不明な行動を取ったわけです。

 

ですが、ロスチャイルド家の目線からすれば、意味があることになるのです。

ロスチャイルド家の支配は、まだ中東には及んでいませんでした。特にオスマン帝国は、ロスチャイルドの対抗勢力として、存在していたので、邪魔な存在だったわけです。中東は、あらゆる国が、紙幣発行権利を保持して、ロスチャイルドの目に見えない侵略を食い止めようとしてきたのです。

 

ロスチャイルド家や悪魔宗教は、死の商人と呼ばれているように、奴隷売買や武器商人など、あらゆる悪とされるものに手をだして、財力を蓄えてきました。彼らからすれば、戦争をすることは利益になるのです。ですから、彼らは戦争をしたいのですが、一方のオスマン帝国は、邪魔であり、負担が大きくなるということで、彼らを排除しようとしはじめます。

ですが、それで戦争が無くなってしまえば、武器を買ってもらえなくなるので、戦争になるための火種を両方作っておくのです。

アラブ系にも支援をし、白人系ユダヤ人にも支援をして、両方をわざと戦争をさせて、儲けるのです。

 

その仕組みを作り出すために、イギリスは利用され続けてきたのです。

 

こういったやり方は、南アフリカなど、世界中で行われてきたことです。わざと対立しそうなふたつの勢力に支援をして、大きな組織にしてから、いがみ合いさせて、戦争を続けさせるのです。そして、武器を売っては利益にして、殺し合いをさせるのです。奴隷である一般人の人口も減らせますし、一石二鳥、三鳥、四鳥にもなる仕組みを作り上げるのです。

 

イギリスもバカなようにみえますが、パレスチナ人のリーダーであったアラファトもバカなのか?と思えることがしばしばありました。同じ民族が、いじめのように攻撃されて死んでいっている中でも、国連で、屈託な笑顔をみせて、正義を語る男でした。

みなさんは、3・11で、総理大臣が、屈託な笑顔で、演説などしていたら、どう思うでしょうか。

頭がおかしな人で、不可思議に思うはずです。3・11ならほとんど、自然現象だと思っている人も多いので、まだいいですが、パレスチナ問題は、人と人が作り出した根深いものになってしまっているのです。そんな中、どの国も敵のような国連で、笑顔で話をするアラファトはバカなのでしょうか。

 

彼の背後にも当然、悪魔宗教が存在し、手足になるアラファトをパレスチナの英雄として、取り上げて、コントロールしているだけにすぎないのです。

アラファトは、パレスチナ問題が、解決していくと踏んでいたと思いますが、そんなわけがなく、さらに深みへとはまっていき、次々と虐殺などが起こされて、とうとう、笑顔も消え去っていきます。ですが、彼にとってその争いがあるからこそ英雄となれたので、時折笑顔もみせるのです。

 

世界大戦の国々は、意味不明な決断をしては、まるで統一感がないようにみえますが、それは国という表面的な面だけをみるからそうなるのです。もう、国は、本質ではありません。すでに世界統一されているからです。国レベルを問題にしても、一向に問題解決になどならないのです。

 

2、なぜロスチャイルドは、ユダヤ人のふりをするのか

ロスチャイルドなどの白人系ユダヤ人は、本物のユダヤ人ではありません。彼らは白人系種族が、ユダヤ教を信じただけの民族で、聖書に書かれているイスラエル人ではないのです。

本当のユダヤ人とは、日本人だからです。

本物のユダヤ人は、日本人>>

 

本物のユダヤ人は、白人ではありません。黄色人種なのです。

なぜ、ダビデ像は、白人になっているのか>>

 

本物のユダヤ人たちは、白人ではなかったので、白人社会を動かすことはできませんでした。ですから、一方的に攻撃され、不利益になるだけなので、自分たちがユダヤ人であることを隠して、東へ東へと逃げていったのです。

聖書に書かれていた日本人の歴史>>

その途中、本物ユダヤ人は、ある種族にユダヤ教を教えたのです。それがカザール人です。白人系の種族のカザール人は、無神論だからこそ、残酷なことをすると毛嫌いされていたのですが、どこかの宗教を信じて、道徳を学ぶことを要求されました。彼らが選んだのは、ユダヤ教でした。

そこから何世紀も経つと、彼ら白人系のユダヤ教徒が、自分たちこそが、本物のユダヤ人だと主張しはじめたのです。

 

本物のユダヤ人は、アジア系なので、白人社会に入り込むことができませんでしたが、彼らは白人系なので、白人社会に入り込むことができました。そして、聖書を信じるヨーロッパですから、本物のユダヤ人というものは、彼らにとって利用できるものとなったのです。

本物のユダヤ人は、ユダヤ人であることは利用できませんでしたが、偽物のユダヤ人は白人だっただけに利用できるものとなったのです。

 

ユダヤ教徒という背景から表面上の信用を得て、あらゆる組織に入り込んでいったのです。

 

中国でも広がっていた金融による支配をしていた本物のユダヤ人たちの知識同様の知識で、白人系支配を現実のものへと変えていったのです。

 

秦の始皇帝は、悪だという情報が並びますが、裏を知れば、彼らの正義も理解できるのです。武器商人連合が、中国を支配し、王族たちの裏で、権力をむさぼっていました。秦もまた同じでした。秦は、なんとか王に権力を持とうとした数少ない国だったので、商人連合を裏切った呂不韋一族と手を組んで、中国を統一し、戦争の連鎖を終わらせようとしたのです。

6か国に別れていた中国は、6つの商人に別れて、わざと統一しないで、戦争が起こるようなシステムになっていたのです。戦争をすれば、武器が売れ、王に借金させられるので、コントロールでき、王になれば、弾圧されるので、王にはならずに裏で支配しコントロールするのです。

このように、世界の悪魔宗教には、パターンがあり、同じようなことをしているのです。

そのルーツになるのが、カナン人であり、カナンの教えが、ルーツになり、世界中の災いを作り続けているのです。

世界の闇のルーツカナンの教え>>

日本の藤原家も同じです。

 

イエスキリストは、この白人系ユダヤ人たちのことも預言されていたと思われることを言っているのです。

当時の悪魔宗教に入り込もうとしていたユダヤ教徒たちが、利権のために、イエスキリストを弾圧して、十字架刑に架けたのですが、彼らは、彼らのために、さらに邪悪なものを生み出すという忠告をされているのです。

聖書の預言通り、白人ヤペテの子孫は、セムの神の天幕で世界を支配しています。セムという黄色人種の祖先の神、聖書の神を不思議なことに、2000年ほど前から、白人種であるローマ帝国が、国教として信じ始めたのです。

世界を支配している白人系をさらに、裏の巧妙なカナンの教えによって、コントロールするのですから、今の偽ユダヤ人の力は絶大です。藤原家も中国でも、歯向かうことなどできません。

 

黙示録に、誰がこれに歯向かえるだろうかと書かれているように、悪魔宗教は、世界中の裏にひそみ、支配しているのです。

9・11も3・11も、拉致被害も、太平洋戦争も、その1例にすぎないのです。

9・11同時多発テロの真実>>

太平洋戦争の真実>>

3・11は預言されていた?>>

 

ユダヤ人であることは、白人系の彼らにとって、レッテルにもなれば、利益にもなったのです。彼らは、カナンの教えを中心に、悪魔宗教によって、善悪のない方法で、意識外のやり方で、財力を増やしていきました。詐欺や嘘、悪と善を利用して、のし上がっていったのです。

そして、19世紀末期になると、シオニズムという運動を開始しはじめます。

自分たちが、本物のユダヤ人で、自分たちの国を作ろうとしはじめたのです。

 

これに日本も協力しようと、満州を白人系ユダヤ人の国にしようと、河豚計画を建てるのですが、実現しませんでした。本物のユダヤ人である日本人からすれば、彼らは弟弟子で、彼らからすれば、日本人は、ユダヤ教などを教えてくれた兄弟子だからです。

 

あらゆる場面でロスチャイルドは、日本を支援してきたので、日本はアジア系でありながらも、先進国の1つとして認められていたのです。

 

ですが、選ばれたのは、パレスチナでした。

 

多くの白人系ユダヤ人たちは、争うのは嫌がりました。なるべく、現地のひとたちと仲良くしたかったのですが、白人系ユダヤ人の中の一部の悪魔宗教家たちによって、ヨーロッパ全域は、悲惨な目にあわされ続けました。

王族たちに借金をおわせて、コントロールする彼らは、王族からお金を改宗せずに、国民に多額の税金を求めて、そこから利益をえていったのです。ですから、ナチスドイツどころではなく、それ以前から、ヨーロッパ全域で、白人系ユダヤ人は嫌われていたのです。

紙幣発行権利を使って、詐欺行為で、次々と財産を奪っていく存在として、嫌われていたのです。

 

ですが、多くの白人系ユダヤ人は、現地のひとたちと友達になり、仲良くなっていくので、悪魔宗教たちのいうことを聞かなくなりました。そこで、そういった邪魔な白人系ユダヤ人をナチスやソ連などを使って激しく攻撃して、虐殺していったのです。

白人系ユダヤ人の悪魔宗教家が、白人系ユダヤ人を虐殺するという恐ろしいことをするのです。

 

彼らにとっていうことを聞かないものは、例え親族であるロスチャイルドの一族であっても、排除しようとするのです。

 

迫害を作り出せば、彼らも自分たちがユダヤ人であることの誇りを持ち始めると計画を建てるのです。シオニズム運動で一丸となって民族あげてのコントロールができるようになるわけです。

 

このことを中東系のひとたちは、知っていました。日本系のひとたちなら、パレスチナに存在していたので、彼らがユダヤ人であること、アジア系が本物のユダヤ人であることを知っていたのです。そして、突然現れた、偽白人系ユダヤ人が、自分たちが本物のユダヤ人だと主張しはじめ、自分たちの土地であるパレスチナを支配しようとしはじめたことで、反対が多発したのです。

ですから、パレスチナだけではなく、その周辺のアラブ人たちも連合となって、立ち上がり、偽ユダヤ人を追い出そうとしたのですが、アラブの裏にも、悪魔宗教はいて、内部崩壊させられ、結局、偽ユダヤ人がパレスチナを支配してしまっているのです。

 

日本人がなぜ、この問題と関係するのかというと、本物のユダヤ人であるパレスチナ人は、日本人の遠い親戚とも言える存在だからです。

アラブ人と混血してしまってはいますが、日本人の祖先である本物のユダヤ人の中で、パレスチナから離れなかった数少ないものたちはいたからです。

 

ほとんどは中国や日本へと渡りましたが、一部は残り、そこで、アラブ人と混血していったわけです。

 

ですから、現在、いじめられているパレスチナ人は、私たち日本人の親戚とも呼べる存在なのです。

 

 

片や、白人系ユダヤ人は、種族こそまったく違いますが、同じ宗教を信じる弟弟子です。

 

血統を取るのか、弟子を取るのかといったような間にはさまれていて、日本は両方に支援するという国際的な関係にあるのです。

 

戦争をしたいと思っているのは、一部の人間であって、パレスチナ人も白人系ユダヤ人も、多くは争いごとを嫌います。わざと戦争や争いに巻き込まれるような状況にされているだけなのです。

パレスチナ人の中のテロ集団は、パレスチナ人のためにテロをしているのではなく、悪魔宗教の利益のためにわざと白人系ユダヤ人に攻撃をしかけ、その数倍もの報復をミサイルなどで一方的に攻撃され、何も聞かされていなかった争いたくない国民が虐殺されるのです。

この状況こそ、悪魔的であり、意味不明なテロや意味不明なことばかりが造られた大義名分によってもたらされているのですね。

 

圧倒的に白人系ユダヤ人が勝利し、パレスチナ人が貧困になっている現状が理解できたでしょうか。

アメリカもイギリスも日本も、ロスチャイルドには逆らえません。紙幣発行権利を取られている国だからです。アメリカもイギリスも同じ悪魔宗教が色濃く行動できる国なので、支援は惜しまず、大量の武器を白人系ユダヤ人に流し込んでいるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA