思考の変化

トライアングル パワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この世界がとても不思議な力が働いていることを信じない方がいますが、この世界はとても不思議です。

よくよく考えてみると、ありえないものが存在しすぎているからです。

 

ですが、人は、それが当たり前だと思ってマインドコントロールされていると、それが不思議だとは思わなくなり、目があっても見えない状態で生活をし、神様がいないというありえない非現実的な思想を心から信じてしまうほども出てきてしまうのです。

 

全知全能の神様が確実に存在している証拠>>

洗脳の真実>>

 

そして、逆に当然のように働いている神様の法則が世の中の常識ではないと、人は、それを「不思議」だと思い込んでしまうのですね。

 

今回は、この世界には、不思議なことが存在し、それは当たり前のように目に見える形で体験できるということを知ってもらうための記事です。

これを読んだら、騙されたと思って試してみてください。

 

お金もかからず、試せるので、やって損はありません。わたしが、あなたの近くに行けるわけもなく、わたしがトリックをしているわけでもないのに、その力が体験できるわけですから、世の中、こういう不思議もあるんだと少しだけ思わせてくれるものになるでしょう。

 

今回のテーマは、トライアングルパワーです。

 

1、トライアングルパワー

三角形には、不思議なパワーが秘められているという話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

有名なのは、ピラミッドです。

 

ピラミッドの内部では、普通ならすぐに腐敗する肉であっても、長持ちしてしまうという現象が、今でも存在していたりするのです。

 

そんなものは、迷信だろうと思うかもしれませんが、トライアングルパワーを少しだけ体験すると、迷信だとは思えなくなります。

 

これらはスピリチュアルのようなカルト宗教の思想ではなく、神様がこの世界に作り出した法則の1つです。引力や力学などと同じように、存在している力なだけです。

 

ただ、それが当たり前のように使われたり知られていないので、不思議だと感じてしまうだけです。

 

まずは、体験してみてもらいましょう。

 

何でもいいので、紙を用意します。分厚くて、長持ちしやすい紙なら尚いいです。名刺とか、テッシュペーパーの箱とかのような厚いものが最適でしょう。

 

それをハサミで、三角形を切り取るのです。まずは一枚でいいです。

 

作ることが出来たら、家族や誰かに協力してもらいます。

 

まずは、三角形を使わずに、試してみます。

左手の人差し指と親指で輪っかを作ります。

これは右手ですが、このように、てのひらを上に向けるように左手で輪っかを作るわけです。

 

それを誰でもいいので、協力してもらって、両手で、その輪っかを広げてもらうように言います。

あなたは左手の握力だけで、相手の両手の力と対抗するわけですから、簡単にその輪っかは、広げられてしまいます。

 

 

こんなことは、当たり前ですね。

ですが、さきほど適当に作った三角形を使ったら、簡単には、広げられないほどのパワーになると言ったら信じるでしょうか。

 

さきほど作った三角形を山の部分を上向きにして、あなたが、右手に持つのです。△

 

そして、同じように、手伝ってもらう人に、両手でその輪っかを広げてもらうようにすると、不思議と簡単には、その輪っかを広げることが出来なくなるのです。

 

三角形の山を逆に下に向けて持つと、力がぬけたように、その左指の輪っかは、ものすごく簡単に広げられてしまいます。三角形を持っていない時よりも簡単に広げられてしまうはずです。▽

 

これは、簡単にできることですから、試してみてください。

 

これは、とがっている物には、そのとがった先の方向にパワーが働いているという証拠なのです。

 

弓矢の矢は、なぜ三角形なのでしょうか。なぜ新幹線は、矢のような形をしているのでしょうか。スキーの板は、なぜ先が三角形になっているのでしょうか。

どれもそうですが、とがっている先の方向に、パワーが働いている法則が存在しているからなのです。

 

これら、三角形のパワーは、あらゆる効果を発揮します。

例えば、さっきは、三角形を1つでしたが、複数の小さい三角形を作り、山を上にして、四角い結界を作ったとします。

その結界の中には、トライアングルパワーの法則が働いているので、色々な効果が働くのです

 

その中では、物がバランスよく安定したり、食べ物が長持ちしたりするのです。

 

試しに、あなたが、立って、後ろに両手で手を組みます。

それを知り合いに、その両手を下に力を加えてもらうと、簡単に後ろに倒れそうになってしまいます。

 

ですが、三角形の結界の中で同じことをすると、倒れにくくなるり、しっかりと自分を支えられるようになることが実感できるでしょう。

 

このようにあきらかに、トライアングルパワーは、存在し、その効果はあるのです。

 

これは、自転車などにも利用できます。自転車にいくつかの三角形の山を上にして、張り付けておくと、とてもバランスよく自転車が安定するのです。そして、前向きに三角形を張ることができると、自転車が前に進む場合は、とても楽に進めることが分かるはずです。

 

タイヤの進みたい方向に沿ってとがっている方向をむけるわけですね。△↑

 

例えば、おれを自動車の四隅に付け、車のエンジンの安全なところに、前向き△↑に貼ると、スムーズにパワーが伝わるようになるので、ガソリン代がうきます。また運転してみると車が安定することに気づけられるひとは、気づくことができます。

 

カーブなどをしても、三角形の結界の中に、自分たちもいることになるので、とても安定してしまうからです。

 

この三角形を貼って、乗用車だと長旅で、150kmも燃費がよくなりました。軽自動車だと100kmぐらい燃費がよくなります。

細かい毎日の運転なら燃費は、これほど伸びないとは思いますが、80kmも燃費がよくなるのだとしたら、やっていて損はありません。

 

 

ですが、その三角形には、効力の限界があるようで、素材によって違うようですが、厚紙で造った三角形の場合は、2か月ほどで効力がなくなるので、また切り取って、張り付ける必要が出てきます。ただで燃費がよくなるのなら、別にいいのではないでしょうか。

 

冷蔵庫の壁に三角形を貼ったら食べ物が長持ちして、おいしくなったという人もいます。

 

運動をする時に、靴に向かう方向や上向きに矢印を張り付けておけば、車や自転車と同じように、効果が発揮できるので、記録が伸びることでしょう。

 

これは格闘技などでも利用できるものです。道着などに上向きに矢印を貼っていれば、パワーがあがり、バランスもよくなります。野球などでもやろうと思えば、利用できるでしょう。

 

地震などが怖いのなら、家の壁、できるだけバランスよく三角形を貼って、家全体を強化するといいでしょう。

知っているだけで何割かの効果があがるというわけです。

 

知らないひとがこれを体験すると、まるでマジックかなにかと思ってしまうかもしれませんが、そうではなく、自然界に働くまだ、解明されていない法則の1つなのですね。

 

2、オカルト宗教とトライアングルパワー

三角形の関係のことは、聖書にも書かれている隠された内容です。

例えば、三位一体もそうですし、アダムとエバの二人の人間の上に、神様がいる関係です。

 

家族の関係や会社や集団の組織は、ほとんど三角形の関係になるのもそうです。

神道のお神輿なども、どこかしら三角形だったりします。日本の家は、三角形の屋根が多いです。

このように、昔から三角形には、法則があり、それを人は、利用してきたのですね。

 

これらは、神様が用意された法則の1つで、決して悪いものではありません。ですが、三角形の法則を汚す存在がいるのです。

それが、悪魔宗教です。

 

悪魔宗教と科学には、密接な関係が存在しています。アダムの最初の息子カインがいますが、このカインは、アベルを殺して、人間最初の殺人をおかしました。

そのカインの子孫は、発明家が多く、音楽で使う楽器や鋳造などを手掛け始めるのです。

 

カインの子孫。カイン族>>

 

現在、世界を支配している悪魔宗教のマークも三角形です。

こういうものをみると、トライアングルパワーなどは、悪のようなイメージがありますが、決してそうではありません。当たり前のように存在している法則で、それを悪人が利用しているだけなのです。

 

聖書は、蛇が悪いもののように書かれているのは、エデンの園のところだけで、蛇自体は、神様が作られた良いものだったのですが、それに悪魔が利用したことが悪いことなのです。

 

モーセは杖を蛇に変えました。蛇自体は、悪いものではないということです。

悪人が、この効力を知っていて、利用しているのに、わたしたちが知らずにいたら、どうなるでしょうか。

騙されてしまいますね。オウムもそうでしたが、スピリチュアル系のもの、カルト宗教は、実際に存在する法則や事実などを織り交ぜて、信用させて、騙すのです。高学歴というひとたちがオウムに多く騙されたのは、ギャップによる効果を利用したのですね。

 

ですから、一見正しいことを言っているような人であっても、疑問を持つことが大切です。人は信じてはいけません。わたしもそうですが、人は完璧ではありません。そして、いくら神様を信じている人でも、完全に悪がない人などいないのです。

人は100%信じてはいけないのです。

 

人は、悪であっても愛だと錯覚したり、正義だと錯覚できるほど、危険なものです。信頼してはいけないのですね。

ですから、事実をみることが大切です。トライアングルパワーそのものは、実際に存在しているという事実は、悪でもなんでもなく、ただ事実なだけです。そこに人間が入り込むからややこしくなるだけで、シンプルに、事実を踏まえて、理解していけば、惑わされる確率を下げることができるのですね。

 

悪魔宗教はとてもたくみで、狡猾です。わざと聖書や正しいことを利用して、それらを汚し、神様が悪かのように思わせて、悪魔宗教に誘導していくのです。

進化論などもそうですが、悪魔宗教は、人の脳の錯覚を利用するのが、とても上手なのです。

良い宗教と悪い宗教>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

CAPTCHA