思考の変化

日本は、明治時代から神道でさえも多神教がメインにされていて、現代の日本人は、日本は多神教の国だと思っている人が多いです。

1400年ほど前から朝廷は藤原家によって支配され、天皇は利用されてきました。それまでは一神教がメインであった日本文化で、偶像も禁止されていたのですが、朝鮮半島の同盟国であった百済の国から多神教が広まり、神道勢力であった物部氏も負け、偶像をメインにした大乗仏教が日本に定着していきました。

朝廷は、神道よりも仏教を中心になっていき、神仏習合までさせられていったのです。

神社の形をしながらも、仏教に入り込まれているものも数多くあるのはそのためです。

もともと、神道は、三位一体の神を崇める宗教で、唯一神信仰です。特に、伊勢系はそうです。ですが、出雲系は、ヨセフ派の末裔なので、多神教です。

 

神道の中にも、多神教と一神教の派閥があり、1400年以上前は、一神教の派閥が強く、藤原家の時代からは多神教の要素が強くなっていたのですね。

 

ですが、表では八百万の神として神道を広めてはいても、真意は、一神教の精神を保持していました。

 

明治時代からは数多くの外国の文化の影響もあり、神道は、お札やお守りなどの世俗事が増えていき、多神教の要素をさらに深めていったのですね。

 

その後の子孫であるわたしたち日本人は、多神教だと思い込んで神道をみているので、多神教の言い分が正しいと見がちです。

 

ですが、本当に多神教の考え方は、正しいのでしょうか。

1、多神教は、多くの違いを受け入れるという考えは、正しいのか

たまに、多神教を信じる人の意見で、傲慢なこというのを耳にしたりします。

「多神教は、多くの考え方を受け入れて、人と争いごとをしないからいい。」という傲慢な言葉です。

これのどこが傲慢なんだ?と思うでしょうか。

このような言葉は、一見寛容で、平和的に聞こえますが、よくよく考えてみると、とても傲慢なのです。

この言葉を言い換えれば

「人間が争わないように、神様を人間の都合のいいように利用しましょう。」と言っているのです。

もっと解りやすく言えば、この言葉を言っているひとは、神様よりも人間を上にして、神様を人間の下にして、都合よく利用しているということです。

一神教を信じる人の意見で、たまに聞くへりくだった言葉があります。

「神様は唯一であるから、しょうがない。」という意見です。

これのどこが、へりくだっているんだ?と思うでしょうか。

この言葉は、一見傲慢な言葉のように思えるかもしれませんが、よくよく考えてみると、とてもへりくだった考え方なのですね。

解りやすく言い換えれば

「本物の神様は、人間の都合で変わることがないので、人間は神様の下でそれに従うしかない。」ということです。

わたしたちの太陽系では、太陽は1つしかありません。その太陽のまわりをまわるしか、出来ないのです。

多神教の考え方を無理やり当てはめると

「太陽は多くあったほうが、みんなに都合がいいので、いくつもあることにしょう。」というわけです。

一神教の考え方を無理やりあてはめると

「太陽は、1つしかないので、人間はそれに従うしかない。」というわけです。

どちらが、傲慢でしょうか?

多神教のベースは、神様を上にしているかのようにみえて、実は人間ベースなのです。

一神教のベースは、人間的な違いを言い合っているかのようにみえて、実は神様ベースなのです。

男と女は、違います。多神教では、男と女は、融合してもいいと考え方もあるのですが、実際の世界では、男と女は融合できません。それぞれが違うから子孫が残せるのです。

太陽も1つなのです。

どれだけ、人間が嫌がろうと、それでも地球は人間の意思とは無関係に、回っているのですね。

事実を認めて、それに従う一神教のほうが、実はへりくだっているのですね。

事実を歪曲させて、都合よく解釈する多神教は、実は傲慢なのです。

人間の作り出した神という偽物の宗教を信じているのなら、多神教の考え方も、傲慢で、犯罪的ですが、それが人間だからしょうがありません。

ですが、本当の宗教を信じて、神の存在を信じているのなら、多神教の考え方は、突き詰めると矛盾が広がっていくのです。

2、一神教は、寛容さがないのか?

一神教は、他宗教や他の文化を認めないと多神教を信じる人は、勘違いしているひとがたまにいます。

 

本当に一神教は、他のひとたちを認めたり、受け止めたりしないのでしょうか。

 

多神教は、多くの神々を信仰しているから、争いごとがなくなると主張します。

 

ですが、一神教は、争いごとを生み出そうとする思想ではありません。むしろ、結果的には、争いを喰いとめてしまっているのです。

 

一神教は主に聖書をベースにしています。

もともと、唯一の神様が、人間を造り、人間は唯一しか存在しない神様を拝んでいました。みなが、同じ思想なので、神様という概念で、争う必要さえなかったのです。

ですが、そこに自分中心に世界を動かそうと考えた支配者たちが、自分たちの都合のいい神々をつくり、1つしかなかった神様を空想の神々を造ることで、争いを増やしていったのです。

一神教は、人類みな兄弟と言っているのに、多神教は、わざわざ人類に種類をつけて、争いごとを増やしていったわけです。

 

ローマ帝国は、多神教でした。多神教は、都合よく利用しやすいので、さまざまな国や民族の文化や思想を受け入れやすかったのです。

その文化を認めることで、寛容さを表に出して、帝国の維持を図ったのですね。

 

ですが、世界の文化や価値観は、帝国のように人権的なものではなく、非人権的な思想さえも存在していました。

人を食べることさえも愛だと考えていた文化もあり、嘘や裏切りも、すればするほど、認められる文化さえも存在していたのです。

 

当時の世界は、国境もないので、国もありません。言葉も民族も、肌の色も、文化も、価値観も、大量に存在しすぎたのです。

 

ですから、帝国への裏切りや反乱は、絶えず、多神教であればあるほど、都合のいい解釈をしては、世界に争いごとが蔓延していったのです。

 

そこで、一神教であったキリスト教をローマ帝国は、国境として、同盟国に義務付けていったのです。

 

すると、すべてがバラバラであった大陸世界の価値観に、聖書という統一した価値観、人間には人権があるという考え方や、嘘や裏切りは悪であるという価値観が統一されることで、世界の争いは急激に減っていったのです。

ですから、ローマ帝国という政治よりも、ローマカトリックという宗教が、支配するようになっていったのですね。

 

日本は、海という壁、国境があり、ほとんど1つの民族で文化を広げていけたので、共通点や価値観が一致していましたが、世界は、そのような生易しい環境ではなかったのです。大陸である世界は、もっと過酷な世界で生きてきたからこそ、一神教でなければ、平和が築けなかったのですね。

 

そして、他宗教の考え方を受け入れないということでもありませんでした。大航海時代で、多くの土地を一神教は、自分たちの土地にしてきましたが、そこにあった文化は、認めるものは、認めていったのです。

インドでは、仏教は認められる宗教として認可されていたのです。

ですが、人を傷つけるような宗教は、認められず消されていったのです。例えば、カニバリズムを容認するような宗教です。人を食べることを容認するものです。

 

なぜ、そのように一神教は、柔軟に他宗教を認めていけたのでしょうか。

それは、はじまりが1つであり、ノアの家族から広がったと考えていたので、そこから広がった宗教や人や文化も、良いものなら認めると考えたのです。

もともと1つの家族であり、神様から出ているのだから、認めるというわけですね。

 

人間の体は、胃や脳や右手や左足とさまざまな器官がありますが、それらが良いもので、正常に機能しているから、ひとりの人間でまとまることが出来ると考えたのです。

 

一神教が寛容ではないという考え方は、一神教を知らないか、悪く言いたいから言っている発言なのですね。

一神教だと、世界に争いが生まれるという考え方も、一神教や人間の歴史を知らないから、勘違いして、言っていたり、悪いようにみせたいから発言しているだけなのですね。

 

しかも、日本という文化は、言葉では寛容だと言いながら、実際に行動したり、決断することは、とても多文化を受けれないことをしているのです。

例えば、多神教は受け入れるからいいと言いながら、一神教の考え方を受け入れていないという、言っていることと、やっていることが、違っているのです。

 

そして、世界は、日本のように平和な環境ではないので、もともと、とんでもなく違いが目の前に存在しているので、違いを受け入れざるおえないのです。

ですから、個々をしっかりしながら、違いを受け入れているのです。

日本が主張していることと実際は、真逆なのですね。

 

一神教を信じている国や人々のほうが、柔軟に受け入れ、認めているのです。

 

受け入れる受け入れないという、価値観は、どちらもどちらです。これに答えはありません。

神様は唯一であることは、この世界の法則をみれば、明らかですが、何を受け入れ、何を受け入れないのかの基準は、どちらも、どちらなのですね。

 

ですから、日本の受けれないというものも、正しいですが、海外の受け入れるという考えも正しいのです。

 

日本は、言葉では、受け入れているといいながら、実際、受け入れていないことは、海外からの悪いものも、入らない、守りになることになるので、それはそれでいいのです。

 

ですが、多神教だからとか、一神教だからとかを理由に、実際のやっていることを無視して、文句をいうのは、いけないのですね。

日本は、良くも悪くも、とても閉鎖的であることは、間違いないのですからね。

思考の変化

多神教と一神教は、どちらが正しいのか

日本は、明治時代から神道でさえも多神教がメインにされていて、現代の日本人は、日本は多神教の国だと思っている人が多いです。 1400年ほど前から朝廷は藤原家によって支配され、天皇は利用されてきました。それまでは一神教がメイ […]

思考の変化

洗脳の真実

洗脳やマインドコントロールと聞くと、みなさんはどのようなイメージを持つでしょうか。 少し、一歩引いてしまう面持ちにならないでしょうか。   洗脳と調べると、アメリカジャーナリスト、エドワード・ハンターが、提唱した中国共産 […]

思考の変化

この世界は主イエスキリストに集約され繋がっている

人は重力に逆らって、パラシュートもなしで崖から落ちれば怪我をします。 神様が創られたこの世界は、神様によって自然の法則が作られ、その中に人間やさまざまなものが存在しています。 神様に逆らうことは、重力に逆らって崖から落ち […]

思考の変化

全知全能の神が確実にいる証拠

全知全能の神の存在を否定する人は多くいます。 それはなぜでしょうか。 ひとは自分を中心にして世の中がまわっているように見えてしまうからです。   自分の脳は1つで、自分の目でみえる世界も1つです。右をみようと顔を右にそら […]

思考の変化

ほとんど無限のエネルギー

悪魔宗教は、フランス革命から大きく自由を得て、現在では世界を支配しています。 お金を紙切れにして、お金発行権利システムによって世の中を支配しているのです。 紙切れなので刷れば刷るほど権力を増して自由に企業や武力や人をコン […]

思考の変化

悪魔とは、どのような存在なのか

悪魔という言葉を良くキリスト教では使いますが、聖書には悪魔と書かれているところは少ないです。 善悪を両分するような解りやすいものは、バビロンのゾロアスター教などから来ている考え方なのです。 聖書にも、悪側の存在は書かれて […]

思考の変化

モーセの時代まで、律法を与えられなかった理由

1、律法には副作用がある 律法やルールには、良いもののように思えますが、それらには副作用があります。 ①ルールを設けるということは、それを守れなかった時、罪悪感が生まれるということです。 罪の意識を生み出してしまうのです […]

思考の変化

聖書には恐竜は書かれているのか

聖書には恐竜のことが書いてあるのですが、その表現はその時代の表現で書かれているので、恐竜のことを書いていないように思えてしまいます。そして、現代の地球環境と大洪水前の地球環境は、まったく違っているので、聖書のことを理解で […]

思考の変化

資本主義経済と聖書

現代日本人は、今のほとんどの生活文化が聖書から来ていることをまったく知らないひとが多いです。資本主義にしても、憲法にしても、民主主義にしても、科学発展にしても、聖書によってもたらされていることを知らないのです。   知ら […]

思考の変化

神を愛するとは、どういうことなのか

1、人間には、愛や正義は存在しない。 神を愛することを理解するには、自分の愛がどのようなものなのかを理解しなければ、理解できません。   現代人のほとんどの人は、偽物の愛を愛だと錯覚しています。 正義も同じで、 […]