聖書

キリスト教の教会では、十字架を飾っているイメージがあります。

ですが、その十字架は偶像ではありません。

カトリックでは、十字架にイエスキリストらしき人物の像が彫られ、飾られていますが、それらは明らかに偶像です。

 

なぜなら、イエス様の姿は、どのようなものだったのか、誰も知らないにもかかわらず、イエス様の形を表しているからです。

みなさんが、わたしの母親に会ったこともないのに、わたしの母の似顔絵が描けるわけがないのです。

 

特にカトリックで描かれるイスラエル人たちは、白人です。

イスラエル人は、白人ではなく、黄色人種であり、現代でいうとアジア人です。

このように、明らかに嘘を表しているもの、アイドルが偶像なのです。

 

では、十字架は偶像なのでしょうか。

1、十字架は、ただのマーク

確かに、教会では、十字架を置いています。

ですが、その十字架は、神でもなければ、イエス様でもありません。ですから、その十字架に祈っている人などいません。

「十字架の神様よ」と言いながら祈っている人などひとりも見たことがありません。

 

教会で使われている十字架は、ただのマークです。

会社のマークと同じで、ここが教会だということを人々に解りやすく表すための道具にしかすぎません。

いわゆる、家でいうと「住所」や「表札」のようなものです。

郵便配達員が来て、「ここは、〇〇さんの家だな」と解かるように、利用されているだけです。

 

ですが、その十字架に、イエス様らしき人物などを置いてしまえば、人々は、間違ってその人間が作った偽物のイエス様に向かって祈りはじめたりしてしまいます。

ですから、プロテスタントでは、そのような像などは置きません。

 

便利だから使っているだけのことなのですね。

 

また、十字架の形は、ほとんど固定されています。

十字の形をした十字架もあれば、日本のように「木」の形で、足を広げて固定しているような形もありますが、十字は共通です。

「十」の形は、利用されているのだから、間違いだとも言えません。

 

律法を大切にしてきたイスラエル人も、マークをよく使いました。

イスラエルには12部族がいて、それぞれの部族のマークがあったのです。

蛇や杖、葡萄やヤシの木、獅子などがそうです。

2、十字架は、悲しみ

十字架は、イエス様を手にかけた処刑台です。

ギロチンなどの処刑台をみて、ゾっとする人がいるように、十字架は人のいのちを奪う象徴です。

ですから、その十字架を神として、祈ったりもしなければ、語りかけるひともいません。

 

もし、十字架が神だとして語りかけていたら、その人は、少しずれた人です。

 

教会によっては、十字架すらも置かないところもあるぐらいです。

 

便利なので、宣伝のために使っている教会がほとんどでしょう。

 

わたしはそれはいたって普通のことだと思います。

 

正しく利用できるものは、利用するべきだと考えるからです。

 

イエス様も、旧約聖書を利用されました。イエス様は、イエス様だけの存在で神とか、救世主とか言われているわけではありません。

イエス様は、イエス様が生まれる前から存在していたユダヤ教や旧約聖書に沿って歩まれたから正しいとされているのです。

 

このように、イエス様が十字架刑で死なれたことは確かなことなので、その出来事を思い起こすヒントにもなる十字架を利用するのは、普通のことでしょう。

 

もちろん、十字架はそれだけのことで、その十字架を神だとか言い出したら、明らかに偶像になります。十字架は処刑台であって、神ではないので、祈ってはいけません。

わたしは、ネックレスなどの十字架も持ち歩きません。

自分がクリスチャンだということが解かりやすくなるという意味では、良い事かもしれませんが、ほとんどの人はそのようには観てくれません。飾りや格好を気にして付けていると観ることでしょう。スポーツマンや有名人が十字架のネックレスをするのは、効果的かもしれません。有名人がイエス様を信じているという宣伝が、福音になる可能性もあるからです。

 

体にタトゥで十字架を描く人もいますが、わざわざ形にする必要もありません。誰に弁解するわけでもなく、心に神様を抱くのなら、その人はクリスチャンなのです。それに神様から与えられた体を傷つけることはよくありません。針や体を切り刻んだりすることも、聖書は否定しているからです。

 

歴史

十字架を飾ることは偶像ではないのか

キリスト教の教会では、十字架を飾っているイメージがあります。 ですが、その十字架は偶像ではありません。 カトリックでは、十字架にイエスキリストらしき人物の像が彫られ、飾られていますが、それらは明らかに偶像です。 &nbs […]

聖書

マリアとはどのような女性だったのか

救い主イエスキリストを産んだマリアのイメージは、その宗教によって大きく異なります。 カトリックでは、聖母マリアとして、神的存在かのように扱われ、マリア像まで存在しているほどです。   カトリックでは、人間を持ち […]

歴史

キリスト教は、ユダヤ教を否定する宗教なのか

キリスト教は、ユダヤ教が信じた旧約聖書の後の時代の宗教です。 イエスキリストを中心にして、ユダヤ教と対立していたイメージを未信者は持っているかもしれません。対立していたから十字架刑にかけられたと考えるわけです。 ですが、 […]

歴史

アブラハムとはどういう人物か

アブラハムは、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の始祖ともいえる人物です。 世界中の始祖がノアなら、悪魔宗教の始祖がカナン。そして、一神教を再度蘇らせたのが、このアブラハムです。 1、多神教が広がっていた時代 カナンの教え […]

聖書

イエス様には罪がない理由

人間は必ず悪があります。 一つとして、罪がない人はいません。   イエス様は、人間の体を持って生まれてきてくださいました。聖書に書かれているように、悪魔に何度も誘惑され、お腹がすいたら石をパンにしてみたらどうか […]

歴史

モーセとはどういう人物なのか

ノンクリスチャンであっても知っている聖書の人物といえば、沢山あがるとは思いますが、モーセはそのうちのひとりでしょう。 今回は、そのモーセがどのような人物だったのかについて、探っていきます。 1、モーセ五書 モーセは、聖書 […]

聖書

音楽は、悪魔的なものなのか

キリスト教は、音楽が盛んです。 カトリックであれば、クラシック。プロテスタントならジャズ、ゴスペルなどのイメージがあります。 ギターやドラム、ベースやピアノなどを使い毎週賛美している教会もあります。   ですが […]

聖書

カインとは、どういう人物なのか

聖書で知っている人物を上げられる時、よく話題として出るのはカインです。   教会でもメッセージにカインのことを取り入れられます。裏切り者のユダと同じぐらいの割合かもしれません。   そのようなカインと […]

思考の変化

なぜ神様は不完全な人間を選ばれたのか

わたしたち人間は、不完全です。 ですから、全知全能の神、絶対の神様という存在を完全には理解することができません。 ですが、人間は、その神様のことを理解したいと昔から探求してきました。   この世界は、不思議で満 […]

思考の変化

魂と霊の違いと関係

霊と魂は、実は細かく分けると、違うものです。   違うというわけではありませんが、正確には、ピックアップして表すことができるということです。   霊や魂というものは、目に見えないものが多いだけに、その […]

思考の変化

イスラム教やキリスト教は、「愛」を説きながら、なぜ同性愛者を否定するのか

キリスト教やイスラム教などを信仰する人たちが、同性愛を否定することを批判するひとたちがいます。 ノンクリスチャンの方たちからすると、なぜ、キリスト教などは「愛」を教えているのに、同性愛を認めないのだろうかと、疑問に思うよ […]

聖書

地獄は悪人が行くところなのか

死後、魂や霊は、天国または、地獄にいくのではないかという伝承は、世界中に存在しています。   地獄という発想はとてもインパクトを与えます。 日本人も仏教の影響があり、地獄が恐ろしいところだというイメージを持って […]

思考の変化

神様は善だとなぜ言えるのか

神様は善だとなぜ言えるのでしょうか。   聖書を信じている人は、その聖書の神様を信じているから、善だと言い張っているのでしょうか。   そういうことではありません。   ①戦争がある ②悪が […]

思考の変化

聖書に書き足すことが禁止されている理由

聖書は、新たに書き足すなどをすることは、禁止されています。 このような書き足したり、新たに書物などを利用したりすることを容認する思想は、異端だとされます。   ですが、人間的な考え方であれば、時代とともに新たに […]

思考の変化

イエスキリストは神なのか、それとも人間なのか

イエスキリストを神だとして信じているのは、キリスト教です。   カトリックやプロテスタントは、イエスキリストを神だと信じています。   ですが、イスラム教やユダヤ教は、イエスを神だとは認めていません。 […]

思考の変化

神様は、なぜ「ねたむ」と言われたのか

出エジプト20章にはこのように書かれています。    5それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神であるから、わたしを憎むものは、父の罪を子に報いて、三、四代に及 […]

思考の変化

神様に疑問を持ってはいけないのか

神様に対して、疑問を持つことがよくあります。 全知全能の神様に対して、疑問を持つことは、よくないことでしょうか。   これの答えは、質問をするその人の質によって、悪いことにもなりますし、悪くはないことにもなりま […]

思考の変化

クリスチャンはお酒を飲んではいけないのか

クリスチャンは、お酒を飲まないイメージがあると思いますが、実は聖書は、お酒を飲むことをすべて禁止しているわけではありません。 ノアは、神の子孫として、生き残ることがゆるされた人でした。そのノアは、発酵させてお酒を造ること […]

思考の変化

クリスチャンになるにはどうすればいいのか

日本人でも、キリスト教に興味を持ってくださる方がいます。   そのイメージは、もしかするとカトリックであったり、映画で流れる教会になり華々しいのかもしれません。 日本では、少ないですが、海外では教会はとても大き […]

思考の変化

人生には意味があるのか

人生に意味があるのかを疑いたくなる時があります。 自分は大きなことをしていない。平凡な生活をしているだけだからという理由で、人生に意味はないと思いがちです。   また、何か1つの出来事に対して、いくつかの選択す […]